60代のコンシーラの選び方・使い方

コンシーラーはトラブルをうまく隠すためのアイテム、それだけにひとりひとりの悩みに合わせて合った製品を選んでいくことが大前提です。60代になるとさまざまな肌トラブルを抱えやすくなる上にどのトラブルをカバーしたいのか優先順位にも個人差が出てくるもの。あらかじめ目的をはっきりさせたうえでそれに役立つコンシーラーを選んでみましょう。

目元や口元にはリキッドタイプのコンシーラーがおすすめ

60代のコンシーラー

たとえば目元・口元のシワをカバーしたい場合には細かなシワにも使いやすいリキッドタイプがオススメです。注意したいのはカラー、シワが深ければ深いほど影ができて暗くなります。

 

ですからシワの深さや状態に合わせて明るい色を選ぶようにしましょう。基本は肌の色よりも少しだけ明るめのカラーです。あまり明るすぎるといかにもシワを隠している感じが強調されてしまうので気をつけましょう。

 

また目元は皮膚がとくに敏感です。リキッドタイプを選ぶ場合でもテクスチャが軽めで滑らかに使える製品を選ぶようにしましょう。

 

シミ・くすみをどの程度までカバーするかも60代のコンシーラー選びにおける重要な点です。脂漏性角化症はもちろん、60代のシミはかなり濃く目立つものが多く、コンシーラーを使ってもカバーするのが難しい場合もあります。

 

ですからあくまで「カバーできる範囲で使う」ことを前提にしましょう。

シミにはペンシル、くすみにはスティックタイプがおすすめ

60代のコンシーラー

シミを隠す場合にはカバー力が強めのペンシルタイプが使いやすく、肌よりも少し暗めのカラーが適しています。

 

ただしシミの範囲が広がっていたり濃くなっている場合にはうまくぼかしてカバーする必要からより広範囲に塗るのに適しているスティックタイプも検討してみましょう。同じ理由からくすみ対策もスティックタイプがオススメです。こちらは肌よりもやや明るめのカラーを使うとうまく隠せます。

 

コンシーラーを自然に仕上げるためにはうまくぼかすテクニックが必須です。とくにシミやくすみのように使う範囲が限られている場合には使っていない部分とギャップを作らないためにも肌に乗せた後に指先で軽くぼかすようにしましょう。

 

これはコンシーラーを使う上での基本ですが、60代の肌では目立つシミ・くすみをカバーする必要上からうまくぼかすのが難しくなってくる面もあります。厚塗りしすぎにも気をつけつつ何度か試しながら適切なぼかし方を身につけていきましょう。

 

もうひとつ、フェイスパウダーと併用しコンシーラーの密着性を高める工夫も取り入れてみましょう。ルースタイプのフェイスパウダーを軽く乗せるだけでもコンシーラーのフィット感が高まりますし、より自然に見せることができます。

 

先ほどのぼかすテクニックとうまく組み合わせればなかなかカバーしにくいシミや毛穴の開きなども目立たなくさせることができるはずです。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>