60歳のメイクの方法・メイク術とはどのようなものでしょうか?

60代になるとメイクの方法にも再検討が必要です。もちろん若々しい外見を維持することが大事なのですが、あまり若さばかりにこだわってしまうとメイクが厚塗りになってしまったり、年齢にそぐわず若作りばかりが目立ってしまう結果になってしまう恐れがあります。またメイクがもたらす肌への負担も見逃せません。一生懸命メイクすることばかりに意識が集中した結果、肌へのダメージと老化を進めてしまってるようなことにはならないよう注意が必要です

 

では60歳になってから行いたいメイク術とはどのようなものなのでしょうか。控えめで、健康的に見せるのがポイントです。若さよりも健康的な面を重視するのがポイントです。60歳になってシワ1つない、つやつやの肌を維持するのはどう頑張っても無理。その無理なことをメイクでなんとかしようと思うとどうしても過剰な若作りのメイクになってしまいます。隠すところは隠しつつ、無理に若さを強調しないナチュラルな印象作りが60歳からのメイク術の基本となります。

コンシーラーをうまく使うと、シミを隠すだけでなく目元ケアにも役立つ

60代化粧品人気メイク方法

メイクを行う際にはコンシーラーをうまく活用します。これはシミを隠すのに効果的な方法です。シワを隠すのは困難ですが、シミはメイクでかなりカバーすることができますから、うまく行っていきたいところ。ただしここでも厚塗りしてシワを隠すようなことは避けましょう。

 

オススメはクリームコンシーラー。これをスポンジにとってシミの部分に押し込むような形で使っていきます。強く擦ったりせずに押し込むのがポイントです。スポンジを一度水に濡らしてよく絞ってからコンシーラーをなじませるとより浸透しやすいようです。この作業を気になるシワに何度か繰り返すとかなりカバーすることができます。

 

コンシーラーは目元のケアにも役立ちます。こちらはフェイスパウダーと併用すると効果的です。少量を肌に乗せたうえで優しくはたくような感じで伸ばしていきましょう。あまり強くはたかずになじませていくのがポイントです。そのうえでフェイスパウダーを使用すれば目元のシワやクマをうまくカバーすることができます。過剰に若々しさを演出せず、ナチュラルにシワやシミをカバーしていく。なかなか難しいですが、日々のメイクでいろいろと試してみるとよいでしょう。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>