クレンジングも保湿が大事?タイプや落とし方の注意点は?

クレンジングはメイクを落とすために使用するアイテムですが、同時に保湿も意識して選ぶ必要があります。この点は若い頃はそれほど気にならないものですが、年齢を重ねていくにつれて保湿の部分の重要性が増していくのです。

できるだけ低刺激のクレンジングを選ぶことが前提

クレンジングの選び方

メイクはカバー力と密着性に優れている製品を使っているほど落としにくくなります。

 

化粧崩れを起こしにくく持続性に優れているほどクレンジングの際に一生懸命落とさなければならないため、それが肌に負担になってしまうのです。

 

洗浄力の高い(刺激の強い)クレンジング剤を使用し、指でゴシゴシ擦って洗う環境を続けているとメイクだけでなく皮脂やセラミドなども洗い流してしまうことで保湿力とバリア機能がどんどん低下してしまうのです。

 

では保湿を意識してクレンジング環境を整えていくためにはどういった点が重要なのでしょうか?

 

保湿成分を配合したクレンジング剤も登場していますが、それよりもまずやはりできるだけ低刺激のものを選ぶことが前提です。

 

クレンジング剤にはオイルクレンジングを筆頭にオイルの含有量と洗浄力、使い心地などの違いによっていくつかの種類に分類できます。

 

洗浄力を重視するならオイルタイプとリキッドタイプ。低刺激を重視するけれども洗浄力もそれなりに欲しい、という場合にはジェルタイプ。肌に優しいことを最優先に考えるならクリームタイプとミルクタイプがそれぞれ適しています。

乾燥しやすい部分は最後にクレンジングすること

クレンジングの選び方

問題なのは刺激の少なさを重視して選ぶと洗浄力が不足してしまう面があることです。

 

濃いメイクをしている方がミルクタイプを使っていると十分に落とすことができずに残ったメイクが肌に負担をかけてしまう恐れもあります。

 

低刺激のクレンジングを使いたい場合にはメイクを薄めにする、アイメイクはあらかじめリムーバーで落としておくといった工夫も取り入れましょう。

 

落とし方にも工夫が必要です。最初に目元や口元など乾燥しやすい部分から洗い落としてしまうとその後にほかの部分を洗っている間にどんどん乾燥してしまいます。

 

ですからまずTゾーンなど皮脂の分泌量が多いところから洗い初めて乾燥しやすい部分は最後にもっていきます

 

もうひとつ、クレンジングはすぐに肌に塗付せずに手に取った後少し水分を加えましょう。そうすることでオイルが水分とよくなじんで洗浄力がアップします。

 

低刺激のクレンジングを使う場合にはとくにこの点を意識してみるとよいでしょう。もちろん、指でゴシゴシ強く擦って洗うのは問題外、指の腹でクルクルと円を描くようにやさしくメイクを洗い落としていくのがポイントです。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>