60代のチークの入れ方は?また気を付けたい色や位置とは?

チークはうまく入れると顔を立体的に見せることができますが、あまり入れすぎると不自然になってしまいます。

 

この点は年齢を重ねるにつれて大きな問題になってくるため60代のチークでは色や位置などに十分に注意したいところです。

60代は派手過ぎず地味過ぎないチークの色を選ぶ

60代のチーク

60代の肌は血色が悪くなるとともに肌の透明感も失われているため全体が暗い印象になっています。

 

さらに立体感が失われて全体が平べったい感じになりがちな点も悩みの種です。それだけにチークでは明るい印象を引き出しつつ、立体化を出すことが大きな目的となります。

 

明るい印象を引き出すためにはカラー選びが重要ですが、あまり明るすぎる色は避けましょう

 

一般的にチークはピンク色が定番ですが、60代の肌にはちょっと明るすぎます。ピンクが適しているのは血色に近く自然に仕上がるからです。

 

しかし透明感が失われている肌にピンク系統のチークを入れてしまうとその部分だけが浮き上がってしまう恐れがあるので要注意です。

 

もちろん若い女性が使うような鮮やかなレッド系は避けましょう

 

ピンクでもあまり明るすぎないカラーを、それでもちょっと浮いているような感じがした場合にはオレンジ系を使うか、ピンクにオレンジを重ねるといった工夫を取り入れてみるとよいでしょう。

60代はやや高めの位置にチークを入れる

60代のチーク

肌の状態によっても色選びに違いが出てきます。

 

たとえば血色があまりよくなく青みを帯びている場合にはローズピンクがなじみやすいですし、黄くすみが気になる場合にはコーラルピンクが適しています。

 

先ほど触れたようにオレンジ系とうまく組み合わせながら肌に自然になじむ色を工夫してみましょう。

 

大人向けのチークにはベージュなど落ち着いたカラーもあります。

 

しかし60代の肌にこうしたカラーを使うとちょっと地味になりすぎてかえって暗い印象が強まってしまう恐れがあるので避けたほうが無難です。

 

次に立体的に見せるための位置。チークはその名前の通り頬に入れるのが原則ですが、ハリが低下して全体的に下がり気味の60代の肌に入れる場合にはもう少し高い位置のほうが適しています。

 

頬骨の辺りを目安に、頬の位置を高くみせるよう意識して使っていくことで肌を引き上げたように見せることができます

 

あまり上に入れすぎるにも不自然ですから、頬骨に位置も考慮したうえで自分なりに検討してみましょう。

 

派手に色は避けるけれども地味な色も似合わない。入れる位置はやや高め。これが60代のチークのポイントです。

 

最終的には肌色やハリやたるみなどの状態に合わせて自分なりに工夫していくことになるのでいろいろと試行錯誤を繰り返しながら理想的な形を見出していきたいところです。

 

 

編集部が選んだ!60代におすすめのフェイスカラー

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

チークにもハイライトにも!にじまず血色感ある明るい顔色を長時間キープ

60代化粧ミュゼルフェイスカラー

ローズを使っていてぱっと見はかなりはっきりしたピンクなのですが、私のような青白い?タイプには顔色を華やかにしてくれる丁度いい色合いです。前職をブラシでサササッと撫でるようにとっても汚く混ざらないので、不器用な私でも綺麗に仕上げられます。更にその上からハイライトとしてもう1塗りすれば、自然な明るい顔色になれます。

チーク・ハイライトの2通り使えるフェイスカラー。特殊コーティングされたグロウコントロールパウダーが、皮脂や汗崩れを防いでメイクしたての艶やかさがキープできるのが特徴です。3色を混ぜ合わせるだけで、濁りの無い自然な血色感や立体感が出せます。これまでの血色感だけのチークでは透明感が引き出せなくなってきた60代の方に。
3,850円・税込
公式HPへ

 

60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>