60代のスキンケアの注意点にはどのようなものがあるでしょうか?

60代のスキンケアにはいくつかの注意点があります。まずやはり自分の年齢を踏まえたケアが求められること。60代になると50代以上に肌の衰えが急速に進んでいきます。エイジングケアはもちろん大事ですが、まず肌の健康状態の維持を最優先に考えたスキンケアが求められるのです。「若く見せる」よりも「健康に見せる」ことが大事、この基本ができていないと無理して若々しさを装ったような痛々しいメイクになってしまう恐れがあります。

控えめなメイクや最低限のスキンケアで、肌に負担を与えないようにする

60代化粧品人気スキンケア注意

健康に見せるスキンケアが求められる以上、肌の健康状態に配慮したスキンケアも大事なポイントです。まずメイクは控えめにすること。年齢を隠すメイクは避ける世代です。メイクの負担、あるいはメイクを落とす際のクレンジングで肌に負担がかかってしまいます

 

それから保湿を心がけること。これは40代、50代でも重要なテーマでしたが、60代になると重要度がさらに高まります。40代前後あたりから急激に減っていくセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が60代になるとさらに現象が加速していくからです。

 

この保湿に関しては保湿成分が豊富に含まれたスキンケア製品を使用することだけでなく、洗顔で肌の水分を失わない工夫も求められます。刺激が少なく、水分保持に必要な皮脂を残してくれる洗顔料を意識して選ぶこと。せっかくの保湿成分も過剰な洗顔で水分が失われやすい環境では十分な効果が期待できません。

 

それから必要最低限のスキンケアに留めること。これが一番の注意点であり、一番難しいポイントともいえるでしょう。スキンケア製品は使えば使うほど高い効果が期待できるイメージもありますが、その分肌への負担も大きくなります。その効果の負担のバランスは年齢を重ねるにつれて負担の方に比重が偏っていきます。年齢を重ねるにつれてスキンケアでカバーしたい部分がたくさん出てくるにもかかわらず、スキンケアそのものは最低限に留めなければならない、これが60代のスキンケアの最大のポイントです。

 

オールインワン化粧品を使用しつつ、目元など衰えが気になる部分は専用の美容液を使用するなどして負担を軽減させつつできるだけ効果の高いスキンケアを行っていくことが求められるのです。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>