顔の印象が決まる!60代の顔を生き生きと見せる眉の書き方は?

アイメイクの一環でもありますが、眉は目元だけでなく顔全体の印象を左右する重要なパーツです。若い頃は細く滑らかなラインが人気ですが、年齢を重ねるとそうした眉は不自然さが目立ってきます。60代になるとあくまで自然にそれでいて若々しく元気な印象を与えられる眉の描き方が求められます。

眉全体図をイメージして余分な部分は抜く

60代化粧品おすすめ眉

眉の描き方ではまず眉の状態をうまく整えておくことが大事です。余分な部分は抜いて全体のイメージを決めておきましょう。

 

抜きすぎてしまった場合にはペンシルタイプでうまくぼかしながら足していくとうまく仕上げられます。

 

基本は適度な太さと自然なアーチです。アーチを付けすぎると不自然になってしまうので気をつけましょう。

 

眉は内側の眉頭、中間よりやや外側よりの眉山、そして外側の眉尻の3つのポイントに分けることができますが、アーチをつけるのは眉山よりも外側、あまり内側の段階でアーチをつけないよう気をつけましょう。

 

そしてナチュラルに仕上げるためにはできるだけ描く部分を少なく抑えることも大事です。魅力的な眉を演出しようと描く部分を多くすればするほど全体が不自然になってしまい、生き生きと見せるどころか作られた印象になってしまいます。

 

基本的にはアーチをつける部分意外は全体の形を整える程度にとどめ、アーチの部分を重視して描いていくようにしましょう。

 

眉頭から眉山までは抜いて整えるだけで済ませるのが理想的ですが、抜きすぎてしまった場合には先ほど触れたようにペンシルタイプのアイブロウでうまく補ってみましょう。

アイブロウはタイプによって仕上がりが異なる

60代化粧品おすすめ眉

アイブロウにはペンシルのほかパウダータイプやリキッドタイプのアイブロウもあります。

 

アイブロウは全体を均一に仕上げたいとき、リキッドは長時間維持したいときに適しています。ただリキッドタイプは発色が濃いので60代にはあまり向いていない面もあります。

 

描く際には小鼻と目尻を線で結びつけてその延長線上に眉尻がくることを意識しましょう。それよりも眉尻を下げてしまうと全体のバランスが崩れてしまうだけでなく、困ったような、泣きそうな表情になってしまいます。

 

基本的に太く直線的に描くと元気で若々しい印象、細く曲線を重視して描くと大人っぽく落ち着いた印象になります。

 

60代の顔を生き生きと見せる場合にはこの両方をうまく取り入れつつ、太く曲線をうまくとりいれた描き方が理想的です。そして両方の眉の間隔を少し広めにすると柔らかい印象になるのでお勧めです。

 

とくに眉間にシワがある方はキツい印象を和らげる意味でもこうした点が重要になってきます。描く眉の色はブラックが基本、やや明るめのブラウンくらいまで。あまり派手なカラーは避けたほうが無難です。

 

これらのポイントはあくまで基本的・一般的なものです。自分の眉の形や表情の印象も踏まえたうえでうまくアレンジしながら理想の眉を追求してみてはいかがでしょうか。

60代で使ってみたい化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ60代で使ってみたい人気化粧品

ミューノアージュ(MUNOAGE) 編集部オススメ!

60代化粧品トライアルミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>ミューノアージュの公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 プリオール 編集部オススメ!

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す60代のための資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!

サントリー F.A.G.E.(エファージュ) 編集部オススメ!

60代の目元口元のたるみを目立たなくする奇跡の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット1,300円・税別
(メイク落としクリーム18g・洗顔料18g・保湿化粧水15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム4.5g・日中用クリーム5g)
>>サントリーの公式HPで詳しく見てみる!

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル 編集部オススメ!

60代化粧品人気口コミ

今あるシミを薄くしてこれから出来るシミを防ぐ!売上No.1のオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!