60代でも毛穴が目立つときはどんなケアをした方がいいのでしょうか?

年齢を重ねるにつれて毛穴が目立つようになっていきます。たるみや黒ずみが肌の滑らかさを失わせ、シミ・たるみと組み合わさることでどんどん老けた印象をもたらしてしまうのです。それだけに毛穴ケアはエイジングケアでは外せない大事なポイントといえるでしょう。
60代におすすめの毛穴ケア化粧品>>

60代の毛穴ケアではたるみ対策エお重視して行うことが大切

60代のスキンケア

ただ60代で毛穴の悩みを完全に解消するというのは困難です。肌の老化が進んでいますから、どうしても毛穴のたるみが起こりやすいからです。ですからできる範囲内でどれだけうまく目立たなくさせていくことができるか、が60代の毛穴ケアのテーマとなります。

 

何とかして解消しなければ、と意識しすぎると過剰なケアになってかえって毛穴にダメージをもたらしてしまう恐れもあるので気をつけましょう。

 

まずはたるみ対策を重視しましょう。肌がたるむことで自然と毛穴が縦長に広がっていきます。ですからまず肌のたるみを改善しないことにはいくら毛穴を引き締めようとしても十分な効果は期待できません。

 

このたるみ対策で重要なのは真皮層のコラーゲンとエラスチンを補うことです。真皮層では繊維状のコラーゲンがエラスチンとともに網の目のように張り巡らさせることで肌全体を支えています。

 

しかしこの2つの成分が加齢や紫外線のダメージの影響で減少していくと支える力が低下してたるみが生じていくのです。注意したいのはスキンケア製品で肌に直接これらの成分を補っても真皮層にまでは届かない点で、直接補うよりも体内での生成量を促したほうが効果的だと考えられています。

プラセンタエキスやEGFでターンオーバーを活性化させることも重要

60代のスキンケア

コラーゲンとエラスチンは繊維芽細胞と呼ばれる組織で作られているため、これを刺激して生成を促す働きを持つ成分を補うのが一番の近道です。ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンといった成分をスキンケア製品で補ってみましょう

 

もうひとつのポイントはターンオーバーを活性化させることです。周期が乱れたターンオーバーを改善することで新しい肌と古い肌の入れ替わりを活発にしてハリのある肌と引き締まった毛穴へと導くことができます。こちらはプラセンタエキスやEGFといった皮膚細胞を活性化させる働きを持つ成分が適しています

 

あとは洗顔後には収れん効果に優れた化粧水を使用すること、泡立ちのよい洗顔料で指で強く擦らずに毛穴の奥の汚れを除去できるよう洗顔環境を整えること、保冷剤や氷水で冷やして肌を引き締めることといった工夫も目立つ毛穴を引き締めるよい方法です。

 

まずたるみとハリの低下の改善を目指したうえでこうした工夫を取り入れていくとよいでしょう。