60代でもプチプラ化粧品で大丈夫なのでしょうか?

美容ブーム、エイジングケアへの関心の高まりからさまざまなメーカーから化粧品が発売され、ブームともいってよい状況になっています。最新の研究や技術から生み出された新成分や新処方を導入した製品も続々登場しており、中には驚くほど高価なものも少なくありません。

60代は保湿対策が重要なのでプチプラ化粧水で贅沢に使う方が適している

60代のスキンケア

一方、そんな化粧品の高級化に反発するように手ごろな価格で購入できる「プチプラ化粧品」も増えています。高級な化粧品の中には1万円を超えるものもあるのに対してこちらは1000円未満で購入できるものもあるなど手軽に試してみることができるのが魅力で、若い世代を中心に支持者が増えています。

 

ではそんなプチプラ化粧品は60代のスキンケアにも使用できるのでしょうか?経済的な事情であまり化粧品にお金をかけられない、という方がプチプラを利用しても大丈夫なのでしょうか?

 

この点に関しては賛否両論、どちらも意見もあるでしょう。ただ間違いないのは「年齢を重ねたら高い化粧品を使用しなければならない」というわけではないという点です。肌の環境や使い方によってはプチプラ化粧品でも十分にエイジングケアを行っていくことは可能です。

 

とくに60代の場合、乾燥とバリア機能の低下をどう改善していくことができるかがスキンケアにおけるとても重要なテーマとなります。老化の影響で保湿成分が減少し、角質層内に水分を溜め込むことが難しくなっているうえに皮脂の分泌量が減少し皮脂膜がうまく形成されなくなっているため、それをどう補うかが問われるのです。

プチプラ化粧品は限られた成分が厳選されているので低刺激

60代のスキンケア

この乾燥対策では高価な化粧品よりもプチプラ化粧品の方が適している面がひとつあります。それは量を気にせずにぜいたくに使用できる点です。

 

それから化粧水の場合は高価な製品を惜しんで使うなら安価な製品をぜいたくに使ったほうが高い効果が期待できるといわれています。思い切ってプチプラ化粧品をじゃんじゃん使ったほうが肌に水分をしっかり補えてよい部分もあるわけです。そのうえでやはり安価なクリームで油分を補えば保湿対策をしっかり行うことができるでしょう。

 

また、化粧品はいろいろな有効成分が配合されていればいるほど肌への負担が大きくなり、また防腐剤などの添加物が必要になります。ですから刺激に敏感になっている肌には多彩な成分が配合された効果な製品よりも限られた成分が厳選されているプチプラ化粧品の方が低刺激で使いやすい面もあります。

 

こうしてみても60代のケアにプチプラ化粧品は適していないどころかむしろメリットを持っている部分もあるため、化粧品を選ぶ際には高価な製品だけに目を向けず選択肢に加えてみるとよいでしょう。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>