60代のスキンケアで重視する点とは?

60代のスキンケアでは同じエイジングケアを必要とする40代、50代とはまた違ったポイント、注意点が出てきます。

 

現実問題としてシワやたるみといった老化がもたらすトラブルを完全に防ぐことは不可能ですし、劇的な改善効果も期待できません。加齢による衰えを踏まえずにシミやたるみを何とか解消したい、一生懸命ケアをすると過剰なケアになってかえって肌を傷めてしまうなどのトラブルを引き起こす恐れがあります。

 

自分の年齢を受け入れ、年相応の肌環境を整えることを第一にスキンケアを行っていく、その心構えが重視すべき点です。

これまで以上に保湿対策を積極的に行いバリア機能の維持を心がける

そのうえで保湿対策をこれまで以上に積極的に行っていきましょう。老化が進んだことで保湿成分がかなり減少してしまっているのはもちろんですが、この保湿成分の減少は更年期を通過したことによってさらに加速していきます。

 

女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンやセラミドが体内で生成されるのを促す効果があるため、閉経によって分泌量が大幅に減少すると保湿成分の減少にも大きな影響を及ぼすからです。

 

60代という年齢から抗酸化成分で老化を防ぐよりもまず保湿によって乾燥とバリア機能をできるだけ維持していくことがスキンケアの基本です。

 

バリア機能が低下していると刺激に対して敏感な状態になってしまい、ニキビや肌荒れといったトラブルを抱えやすくなるだけでなくスキンケアそのものが思うようにできなくなってしまいます。ただでさえ使用できるスキンケア製品の選択肢が狭まっている年齢ですから、乾燥とバリア機能の低下でそれをさらに加速させてしまうようなことは避けたいところです。

摩擦による刺激を避けるためにオールインワン化粧品を選ぶのも◎

肌への刺激に関しては摩擦による刺激にも注意しましょう。エイジングケアにはオールインワン化粧品が向いているといわれますが、その理由には1本でひと通りのケアができるため摩擦による刺激を軽減できる点があります。

 

化粧水、美容液、乳液、クリーム…こうしたアイテムを単品でそれぞれ使用するとそのたびに塗布する際に摩擦の刺激が生じます。60歳にあったオールインワン化粧品を使用するか、化粧品を絞り込む工夫が必要です。

 

アイテム別のポイントではクリームをうまく活用しましょう。皮脂の分泌量と角質層の保湿成分が減少していることから水分や有効成分を抱え込めずにすぐに蒸発してしまう環境になっています。クリームでうまくフタをすることで蒸発を防ぎ、さらに外部からの刺激から肌を保護する環境を整えることでスキンケアの効果と持続性を高めることができるでしょう。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>