お試しから始められる60代におすすめの化粧水

化粧水の選び方

B.A ローション

化粧水と乳液のシンプルケアで圧倒的な潤いとハリが実感できる最高級化粧水
B.A  ローション

化粧水としてはかなりお高いので恐る恐る使ってみたのですが、もう降参!って感じでダントツで良いです(笑)これはもう化粧水じゃないですね!化粧水テクスチャーの高級美容液!無茶苦茶浸透が良くてあっという間に染み込んでお肌の表面はサラサラ。なのに内側はもっちり潤ってるのが分かる。化粧水と乳液だけでスキンケアが出来るように作られてるとのことですがかなり納得。ちょっと手放せなくなりそうで怖いです。

ポーラの最高峰ブランドB.A の人気ローション。エイジングケアに評価の高いポーラでも最高ブランドなだけに使い心地、効果ともに高評価!濃密なローションが洗顔後の角層にまで浸透して肌の奥からハリ・ツヤ、透明感を生んでくれます。お値段もそれなりに張りますが年齢肌に1度は使ってみたい化粧水です。
B.Aベーシックお試しセット10,800円・税込 ※通販限定
(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)
公式HPへB.A トライアル

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

再生力を高めるペプチド配合!目元口元にハリを生むドクターズコスメ

60代化粧品化粧水ミューノアージュ

とろみは今まで使ってきた化粧水の中でも一番あります。かなりトロッとしたテクスチャーですが一回使っただけでしっかりとハリが生まれるのが分かりました。つけた時は肌表面が多少ベタつく感じがありますがハンドプレスで押しこむようにすると大丈夫です。私のような超乾燥肌方にはこれ位肌表面に多少のペタペタする感じが残っている方が返って安心感はあるかと思います。

皮膚科医師が開発した低刺激のドクターズコスメ「ミューノアージュ」の化粧水。肌の再生に注目を集めているEGFを含む7種類ものペプチドを贅沢に配合。化粧水とクリームだけのシンプルケアでシワ・たるみが発生しやすい目元・口元にしっかりとしたハリをもたらしてくれる特徴があります。老けて見られがちな肌に使ってみたい化粧水です。
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
公式HPへ

アスタリフト ブライトローション(美白化粧水)

シミ・くすみを抑えて透明感のある肌に!年齢肌のための美白化粧水

アスタリフト ブライトローション

オレンジ色の化粧水でびっくりしましたが、もちろん刺激はありません。とろみはほとんどなく、ハンドプレスするとすぐに浸透していきます。美白系って乾燥しやすいイメージがありましたが、こちらの化粧水はしっとりします。この化粧水だけ使うよりはアスタリフトをライン使いした方が美白効果を実感しやすかったです。

富士フィルムのナノ技術を応用することで肌の奥まで有効成分を浸透させてくれるアスタリフトの美白化粧水。独自うるおい成分で肌を潤わしながら、しみやくすみも抑えて透明感ある肌にする特徴があります。さらにコエンザイムQ10の約1000倍の美容効果があるといわれるアスタキサンチンも配合。しみやくすみだけではなく、たるみも気になる60代におすすめの化粧水です。
アスタリフト ホワイト5日間お試しセット1000円・税別
(先行美容液・美白化粧水・美白美容液・美白クリーム)
公式HPへアスタリフトホワイト

資生堂 dプログラム バイタルアクト ローション W

ピリピリが気になり始めたら!乾燥を伴う敏感肌で使いたい薬用化粧水

資生堂 dプログラム バイタルアクト ローション W

昔からでしたが、60代になってからもっと肌が敏感になってしまいました。しかしこの化粧水は刺激を感じることなく使えます。とろみがあるのでじわ〜と肌に馴染み、もっちり潤ってくれます。乾燥も落ち着いたのでかゆみがでることもなくなりました。感動的なエイジング効果はまだありませんが、ハリは少しずつ実感しています。

肌が敏感になり肌荒れを繰り返す人のためにつくられたdプログラムの化粧水。乱れがちな60代のバリア機能を整え、刺激を感じやすく乾燥しがちな肌に潤いを与える特徴があります。それによりハリと透明感のある肌を目指します。アルコールフリーや無香料・無着色なので、とにかく肌が敏感になりなかなかスキンケアができない・・という方に最初に試してみたい化粧水です。
7日間トライアルセット 1,836円・税込(メーク落とし2ml×2・洗顔料20g・化粧水23ml・乳液11ml)
公式HPへ

F.A.G.E モイストチャージローション

高潤度ヒアルロン酸が角層の隅々まで浸透!50代60代のための酵母配合化粧水

60代化粧品

サラッとしたローションで、説明書のある通り指でパッティングしながら塗布していくとスーッと入り込んでいくようです。酵母入りですが気になる香りがすることもないので、アルコールが苦手な人でも大丈夫です。保湿力も申し分なく、美容液いらない?と思えるほど(使った方がもちろんいいですが)。肌がフカフカしてきます。

サントリーが開発した酵母エキス入りの化粧水。乾燥でごわついた肌をゆるめるメソッド採用で、保湿成分を肌の隅々まで届けてくれ、内側から潤いとハリを改善してくれるのが特徴です。バリア成分も配合されて、吸い付くような肌にしてくれます。乾燥が進みやすく、化粧品の成分が浸透しにくい目元口元に悩む60代の方に特におすすめです。
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)

公式HPへ

プリオール マスクイン化粧水(しっとり)

10分間シートマスクをしたような潤い・艶・ハリ・透明感を生む化粧水

プリオール マスクイン化粧水

とろみが強くゴクゴク浸透するような化粧水ではないですが、確かにマスクしたような仕上げりというのは納得。最初はぺたっとして油膜感がありますが、馴染ませるとしっとりもっちりとしてきます。乾燥肌の私には調度良い保湿感です。乳液も使わなくていいかなと思うほどです。見た目は少しチープさがありますが、その分お値段も安いので続けやすいです。

50〜60代の年齢肌のためにつくられたエイジングブランド プリオールの化粧水。とろみのある化粧水で馴染ませると角層にじっくり浸透。簡単ケアで10分間シートマスクをしたような潤いや艶、ハリ、透明感を引き出すのが特徴です。集中ケアしたいけど、シートマスクはちょっとめんどくさい・・と思う方にもぴったりの化粧水です。
7日間お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式HPへ資生堂 プリオール スキンケア お試しセット

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に60代に評価の高かった化粧水を独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

60代にオススメの化粧水を使ってみました!

B.A ローション

B.A  ローション

ポーラの最高峰ブランドB.A の人気化粧水がB.A ローション。

 

60代の深刻なたるみやしわなどにも効果が期待できると評価の高い化粧水です。

 

ややとろみのある濃厚な化粧水で、まるで美容液みたい!ですが塗り広げたそばからグングン浸透していくので、必要以上にハンドプレスをする必要は一切ありませんでした。
しばらく経つとツヤが出て、肌がキュッと引き締まりグッと持ち上げられたような肌触りになります。

 

お値段はお高めですが、2プッシュくらいでしっかり潤うのでコスパはいいかも♪60代のなかなか改善されないエイジングサインにおすすめの化粧水です。
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

敏感肌でなかなか思うようにエイジングケアができない・・という60代におすすめするのがミューノアージュ モイスチュアチャージローション。

 

少しとろみがあり、美容液のようなテクスチャー。敏感肌でも刺激はありませんでした。優しくハンドプレスすると内側からしっとり、ふっくらしてきます。

 

低刺激な化粧品は美容効果を感じにくいと言われますが、ドクターズコスメだけあって肌に優しいつけ心地ながら使って2週間でハリを感じた!など即効性も期待できると定評がある化粧品です。
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

アスタリフト ブライトローション

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

しみやくすみ、さらにたるみなど老化によるさまざまな肌トラブルに悩んでいる方におすすめするのが、アスタリフト ブライトローション。

 

とろみはほとんどなくアスタキサンチンのきれいなオレンジ色をした化粧水で、肌馴染みがよくスーッと浸透してくれます。使い心地はしっとりするのにべたつかない。クセがなく、乾燥肌でも使いやすい美白化粧水だと思います。

 

肌の奥まで潤うのでもちっとしたハリも感じるし、毎日使うほどくすみが飛びトーンが上がっているような気がします。
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

 

B.A ローション 65歳 敏感肌

1.その時のアナタの肌の悩み

とにかくカサツキとシワです。シワに関しては和紙を思いっきりぐしゃぐしゃにして、開いたようなちりめんジワが無数にあります。本当に人に会うのが嫌で、先日の同窓会も欠席しました。このシワさえなければもっと楽しい余生が過ごせるのでは…?最近ではそこまで思い詰めていました。

 

2.その化粧水を選んだ理由

娘のお友達がポーラレディさんをはじめられて、色々相談に乗っていただきました。その時、肌診断テストをやっていただき、結果的にB.A ローションを購入しました。それが選んだ理由です。

 

3.テクスチャーと使い心地

まず…化粧「水」と言っては失礼にあたるくらい、とってもリッチな美容液並みのテクスチャーです。何度も言いますが水ではありませんね。つけてみると、私の一本一本のシワというシワに染みわたるように優しく浸透していく感じがします。乾いてひび割れた土壌に恵みの雨が降り注いできたって言っていいくらいです。

 

4.使い方と工夫した点

使用前に手のひらをよく温めたり蒸しタオルなどであらかじめ皮膚を柔らかくしてあげるとさらに浸透力が高まる気がしました。お高いものを使うと自然と気も引き締まるのか、これまで化粧水なんてテレビを見ながら鏡も見ずに適当に付けていたのが、人が変わったようにじっくりとケアに向かうようになりました。家族にも明るくなったと言われました。外出も楽しくなりましたね。

 

5.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

効果の方はちりめんジワは徐々に薄くなっていき、今では最大の砦でありましたほうれい線ですらメイクをするとカバーできるまでに。改善点ですか?言うまでもなく価格ですが、ここまで私の肌となにより、私自身を変えてくれた化粧品ですから、そこは目をつむれる範囲です。来年の同窓会が楽しみです。

POLAの公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

60代の化粧水を選ぶ際のポイントとはどんなところでしょうか?

60代に合った化粧水を選ぶ場合にはまず肌に合っているかどうかを確認しておくことが大前提です。洗顔直後で敏感な状態にある肌に最初に使うアイテムですから、負担や刺激を与えない肌に優しいものが求められます。

刺激に敏感な60代の肌には添加物が含まれていない化粧水を・・

60代の化粧水

60代にもなると肌の乾燥がかなり進んでいます。

 

老化の影響でセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が角質層から失われているだけでなく、洗顔後にはさらに水分を維持するセラミドや皮脂が除去されてしまっている状態ですから、化粧水の使用には最新の注意が必要なのです。

 

まず基本中の基本として余計な添加物が含まれていないものを選びましょう。60代になった効果の高い有効成分が含まれているかどうかよりも余計な添加物が含まれていない方が重要になるといってもよいほどです。

 

合成界面活性剤や合成香料・合成着色料はもちろん、防腐剤も使用されていないものを選んだほうがよいでしょう。

 

それからエタノールが含まれているものも避けましょう。エタノールは肌を引き締める効果があり、使い心地のよさと毛穴を引き締めてくれる点が魅力なのですがその一方で水分を蒸発させて奪ってしまう作用もあります。

 

60代の肌に使用するとますます乾燥が進んで刺激に対して敏感になってしまいます。

 

こうした基本を踏まえたうえで効果と配合成分を見ていくわけですが、基本は保湿効果がどれだけ得られるか、にあります。

60代はシンプルで贅沢に使える化粧水を選ぶことも大切

60代の化粧水

ただ化粧水だけで十分な保湿効果を得ることはできませんから、あくまで洗顔後の肌を整えるという化粧水本来の効果も意識した上で選んでいくことが大事です。

 

保湿効果ばかりを意識して選んでしまうとその後の美容液、クリームといったアイテムを使用できる環境が整わず、結果的に十分なスキンケア効果が得られなくなってしまう可能性もあります。

 

保湿化粧水だけでなく収れん化粧水も選択肢に加えた上で洗顔後の肌環境を整えてくれるかどうかを重視して選んでいくとよいでしょう。

 

もうひとつ、60代の化粧水選びで覚えておきたいのは「ぜいたくに使えるかどうか」です。老化によって乾燥とバリア機能の低下が進んでいることもあり、十分な量の化粧水が求められます。

 

極端な話優れた有効成分が配合されている高価な化粧水を惜しんで使用するよりも配合されている成分が限られているシンプルで安価な化粧水を惜しみなく使ったほうが60代の肌には適しているともいえるのです。

 

ですから高い製品ほどよい、という考えは捨てて自分の経済力の範囲内で惜しみなく使用できる価格帯から選んでいきましょう。

たるみ・ほうれい線対策に使ってみたい化粧水

たるみ・ほうれい線を化粧水だけで解消するのは困難です。基本的には美容液など他のアイテムとうまく組み合わせてケアを行っていくことになるため、化粧水選びでもたるみ・ほうれい線に直接アプローチするかどうかだけでなく、スキンケア全体におけるたるみ・ほうれい線対策でどれだけ役立つかを意識する必要があるのです。

たるみ・ほうれい線対策には保湿成分の多い化粧水がおすすめ

たるみ・ほうれい線の化粧水

化粧水に含まれている成分のほとんどは水分です。製品によって異なりますが8〜9割は水分で占められているといってよいでしょう。

 

それだけに美容液に比べて美容成分を集中的に補うことはできず、いくら化粧水でエイジングケア成分を補ったとしてもたるみ・ほうれい線を改善する効果は限定されています。

 

ですからたるみ・ほうれい線対策に役立つ美容成分を補うのはもちろんですが、化粧水本来の役割をしっかりこなすことができるかどうかを重視しましょう。

 

もともとの化粧水の役割は洗顔後に敏感になった肌を整えることです。

 

とくにたるみ・ほうれい線ができやすい年代の肌は乾燥とバリア機能の低下が進んでいるため、洗顔後にしっかり整えないと刺激に敏感になってしまい美容液がうまく使えない、無理して使うとかえって肌に負担がかかってしまうといった問題が生じます。

たるみ・ほうれい線にはコラーゲンやヒアルロン酸配合化粧水!

たるみ・ほうれい線の化粧水

それだけにまずはしっかり肌を整え、美容液をしっかり使える環境を用意できるかどうかが求められるわけです。この点は肌の状態や洗顔環境とも深く関わってくるのでひとりひとり事情が異なります。

 

洗顔後に肌が突っ張りやすい方は保湿成分が多くしっとりした化粧水を使用するといった洗顔との相性がとくに重要です。

 

また化粧水は肌を引き締める役割も担っているので収れん効果にも着目しましょう。

 

とくにたるみが気になる肌にとっては毛穴を引き締めてくれる効果が重要です。ただし、収れん効果に優れた化粧水の中には水分を蒸発させてしまうエタノールを配合したものもあります。これはたるみ・ほうれい線が気になる肌には適していないので避けたほうが無難です。

 

あとは保湿成分が含まれていること。水分が多い化粧水は脂溶性のセラミドとの相性があまりよくないのでコラーゲンとヒアルロン酸をしっかり補えるかどうかが保湿効果における重要な鍵です。

 

配合量はもちろん、ナノ化など浸透性をアップさせる処方を取り入れているかどうかなどにも目を向けてみましょう。

 

こうした条件を備えた化粧水で美容液やクリームでのたるみ・ほうれい線環境の効率を高める、これがたるみ・ほうれい線対策を行っていく上での理想的な形といえるでしょう。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>

コスメルジュ編集部が選んだ60代で使ってみたい人気化粧品

ミューノアージュ(MUNOAGE) 編集部オススメ!

60代化粧品トライアルミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
公式HPで詳しく見てみる!>>

資生堂 プリオール 編集部オススメ!

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す60代のための資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
公式HPで詳しく見てみる!>>

サントリー F.A.G.E.(エファージュ) 編集部オススメ!

60代の目元口元のたるみを目立たなくする奇跡の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット1,300円・税別
(メイク落としクリーム18g・洗顔料18g・保湿化粧水15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム4.5g・日中用クリーム5g)
公式HPで詳しく見てみる!>>

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル 編集部オススメ!

60代化粧品人気口コミ

今あるシミを薄くしてこれから出来るシミを防ぐ!売上No.1のオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

baベーシックトライアルセット