60代にオールインワンが向いているのは何故でしょうか

エイジングケアにはオールインワン化粧品が向いているとよく言われます。1本でひと通りのケアを済ませることができるため、単品の化粧品をひとつひとつ使用するよりも塗付する際の摩擦の刺激を避けることができるからです。60代にもなると肌がかなり刺激に対して敏感な状態になっていますから、そのメリットがますます大きくなるでしょう。

化粧品の塗布による摩擦は避けられるが、ぴったり合う製品を見つけるのは難しい

60代化粧品人気オールインワン

その意味では60代にはオールインワンが向いていると言えるわけですが、一方で手放しでそのメリットを推奨するわけにはいかない部分もあります。これはよく指摘されるオールインワンのデメリットと深く関わってきます。

 

1本でひと通りのケアを済ませることができる一方、化粧水や美容液などひとつひとつの効果は単品で使用する場合に比べてどうしても落ちてしまう点です。また良くも悪くも平均的な効果に留まったものが多く集中的なケアに適さない面も出ています。60代ともなると肌にさまざまなトラブルを抱えることが多くなりますから、オールインワンでは十分な効果が得られないこともあるのです。

 

他にも注意点があります。単品で使用する場合、美容液はピッタリだけど化粧水はイマイチ…といった場合には化粧水だけを切り替えるといった工夫ができますが、オールインワンの場合はそれが合うかどうかでスキンケア環境全体が決まってしまう面があるため、ピッタリ合う製品を見つけるのが難しい面もあるのです。

 

60代になると先述した肌トラブルのほか、刺激に対して敏感になるなどピッタリ合う化粧品を見つけるのが難しくなるため、融通が利きにくいオールインワンはかえって向かない面も出てくるのです。

 

このように、オールインワンは60代にとってメリットがある一方、少なからぬデメリットも存在しています。自分の肌質に合い、しかも抱えているトラブルの改善に役立つ製品を見つけられるかどうかが鍵となるでしょう。目元専用の美容液などオールインワンにプラスして他のアイテムを使用するといった工夫も考慮したうえで選んでみるとよいかもしれません
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>