60代での肌断食は効果があるのでしょうか

スキンケアを行わずに肌を休ませる肌断食が注目されています。美容ブームでさまざまなスキンケア製品が続々と登場し人気を集めていることもあって現代人はどうしてもスキンケアが過剰気味になってしまうといいます。とくに年齢肌は老化の影響で肌への負担に対して敏感になっているため、過剰なスキンケアが肌環境の悪化の原因になってしまいやすいといいます。

 

それだけに肌断食は過剰なスキンケア環境を改め、肌への負担を減らす方法として適しているわけですが、60代で行った場合にはどのような効果が得られるのでしょうか、またデメリットなどはないのでしょうか。

スキンケアをまったくやらないと、デメリットの方が大きくなってしまう

60代化粧品人気肌断食

結論からいえば60代での肌断食には十分な注意が必要です。老化による乾燥とバリア機能の低下がかなり進行しているため、スキンケアを行わないとますます進行してしまう恐れがあるからです。

 

例えばバリア機能が低下すれば紫外線をはじめとした外部からの影響を受けやすく、シミやシワといったトラブルがますます進行してしまう恐れがあります。また外部からの刺激によって活性酸素が増加してしまうと老化の進行が加速してしまう点も忘れてはならないでしょう。

 

もちろん、肌断食にもメリットがあります。これまで過剰気味なケアを行っていた方はそれによって悪化していた肌の健康状態を改善することができますし、一度肌断食を行ってみることでそれまで行っていたスキンケアが本当に適していたのか、過剰だったのかを判断することができます。この点が一番大きなメリットかもしれません。

 

ですから、60代が肌断食を行う際には乾燥とバリア機能の維持を行う最小限のケアを行った上でできるだけケアの内容を減らすやり方が重要です。そのさじ加減をしっかりできていないと外部からの刺激でかえって老化を悪化させてしまうことになりかねません。効果が実感できるかどうかは自分の老化の環境や肌質を考慮したうえで「どこまでやらないか」を意識してやるべきこととやらないことを見極められるかどうかにかかっています。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>