シャネルはどんな化粧品?

シャネルといえば高級ブランドの代名詞、とくに昭和の時代に若い頃を過ごした50代、60代の世代にとっては憧れのブランドです。そんなシャネルには年齢肌のメイクにも適した化粧品も用意されています。ルブランを筆頭にこのブランドの化粧品ならでの特徴を引き立たせることで肌トラブルをカバーしつつより若々しく、美しい肌合いを演出することができるでしょう。

シャネルのファンデは豊富なカラー展開が魅力

60代シャネル

有名ブランドの化粧品となるとトレンドを意識したものが多くなる印象が強いことから「シャネルの化粧品も若い世代に向いたものが多いんじゃないの?」と思う方も多いかもしれません。

 

もちろん若い世代の間でも人気がありますが、逆に60代の肌に使うからこそメリットが得られる面もあるのです。

 

もともと高級ブランド、10代、20代の若い世代よりも大人の女性に向いた製品を展開しているブランドですから、化粧品でも大人の魅力を引き出すような特徴を備えています。

 

とくに60代に向いているポイントとして挙げられるのが豊富なカラー展開です。ただバリエーションが豊富なだけでなく、肌に自然になじみやすいカラーがたくさん取り揃えられています

 

血色が悪くなる、透明感が低下する、くすみの悩みを抱える…60代のメイクはこうしたトラブルを目立たなくさせて明るい印象に見せる工夫が問われます。

 

それでいて不自然に見せない色使いが求められる…そんな難しい60代のメイクにピッタリなカラーが豊富な用意されているのです。

発色の良さもシャネルのメリット

60代シャネル

しかも発色がよいのでポイントメイクに使いやすい点も60代に向いているポイントです。

 

発色がよくないとくすみやシミの部分をカバーしようとしてもなかなか思うようにいかずついつい厚塗りになってしまうものです。

 

シャネルの化粧品は発色がよいので選ぶ際にも自分の肌に合ったカラーを見極めやすく、そのカラーが肌をしっかり色づかせるために自然に仕上げるのに役立ちます。

 

もうひとつ、ベタつかずなじみやすい点もメリットとして挙げておくべきでしょう。

 

シャネルの「ラブランメークアップコレクション」では肌のトーンアップを重視したファンデーションをラインナップしているほか、目元を印象的に明るく見せる「レキャトルオンブル」なども用意されています。

 

口紅やネイルはやや若い世代向けですが、ファンデーションに関しては薄付けを意識して使えば60代のメイクにピッタリの選択肢になってくれるでしょう。

 

高級ブランドだけあって少々価格が高いのは事実。しかし価格に見合うだけの価値を持っているのも有名ブランドの製品です。ちょっと贅沢としてシャネルの化粧品を試してみてはいかがでしょうか。
60代で使ってみたい化粧品口コミランキング>>