トライアルから始められる60代で使いたい5つの化粧品ブランド

60代なら一度は使ってみたいエイジングケアのTopブランド「B.A」

B.Aベーシックセット

B.Aベーシックセット

あのB.Aが一通り試せるセットがあると聞き購入。単品使いでも素晴らしいのでしょうが、やはりシリーズ使いには叶いませんね。例えば、クレンジングはシワに入り込んでしまったメイクも軽い力ですんなり浮いてきますし、乾くことなく洗顔ができたのは本当に何年振り?…と言った感じ。これでもう少しお安ければ言う事ないのですが…

ポーラの最高峰ブランドB.Aシリーズ5品がたっぷり2週間、ライン使いできる贅沢なセット。一つ一つのアイテムも高評価が並ぶB.Aですが、次に使うアイテムの機能を高める「シナジー設計」により、さらに相乗効果が期待できるのが大きな魅力です。少々お高くてもエイジング効果が見込める化粧品をお探しの方に!
2週間お試しセット10,800円・税込 ※通販限定
(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)

公式HPへB.A ローション

編集部いちごの感想

B.Aベーシックセット口コミ

クレンジング:低刺激なのにオイル並みの高い洗浄力があるので、ウォータープルーフのマスカラも擦らずオフすることができました。

 

ウォッシュ:濃密で泡マスクのような使用感。洗い上がりはキュッとしたさっぱり感があるのに、つっぱり感が無いのがGood!

 

ローション:使った中で一番のお気に入り!浸透力があり、肌がゴクゴク飲んでいる感じ?そこにとろみのある乳液をのせると肌が持ち上がるような弾力としっとり感が。

 

クリーム:伸びがよくこっくりとしたクリーム。変な被膜感もなくピッタリと密着している感じがして、内側から肌が柔らかくなっているようでふっくしてきます。

 

これだけ使い始めから違いが分かるコスメも珍しいかも。少しお値段が高めでも、リッチな使い心地と高いエイジング効果がほしいという60代の方におすすめの化粧品だと思います。

 

メリット:全てにおいて高いエイジングケア効果が見込める。
デメリット:ラインで揃えるとかなりいいお値段になってしまう。

目元口元にふっくらハリを取り戻す!酵母化粧品「エファージュ」

サントリー エファージュ

サントリー エファージュ

すべてのアイテムがコクがある感じでしたが乾燥肌の私には丁度良い感じでした。ただ若い人や普通肌の人だと多少ベタつくと感じるかも?…全体的にお肌のトーンが明るくなりましたし、独特のもっちりとしたハリが口元に出てきているように感じます

くすみやハリ不足などの年齢肌に注目を集めている酵母化粧品。中でもサントリーのエファージュは長年の酵母研究から生まれた驚異の生命力をもつ「酵母ラビスTM」エキスを全アイテムに配合。しぼみがちな60代からの年齢肌にピンとしたハリと潤いを生み出してくれます。
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム ・洗顔料 ・保湿化粧水・美容液・保湿クリーム・日中用クリーム)
公式HPへエファージュ

編集部アボガドの感想

サントリー エファージュ口コミ

どのアイテムも濃厚でとろみがあり、一瞬ベタつくかもと思いましたがしっかりハンドプレスしてあげるとじんわりと浸透してくれました。

 

使い始めて3日目位からピン!としたハリと言うよりは内側からグイと持ち上がるようなモッチリとしたハリが出てきているのを感じました。

 

目もと口もとは特に乾燥が気になっていましたがハリが出てくるに従って気にならなくなっています。

 

私のように若い時から乾燥肌でハリ不足が進みやすいという方におすすめの化粧品だと思いました。

 

メリット:目元口元のハリ不足に効果的
デメリット:乾燥肌以外だとべたつきが気になる?

シミ・しわ・たるみ…大人の七難をカバーする資生堂「プリオール」

資生堂 プリオール

資生堂 プリオール

さらっとしているのに伸びが良くて夜になっても乾燥しません。これだけでも気になる部分がカバーされるというか、使った時と使わない時がはっきりわかる位に肌が綺麗にみえます。香りは好き嫌い分かれるかもですが、乳液として使えて肌が明るく見える!とっても便利な商品です(※おしろい美白乳液体験談)。

肌を「楽に・美しく見せる」資生堂のブランド「プリオール」のお試しセット。1本で5役がカバー出来るおしろい美白乳液を始め、マスク後のような潤いと艶が生まれるマスクイン化粧水、小じわの奥のメーク汚れや古い角層もすっきり落とすオールクリア石鹸など60代のスキンケアに便利なアイテムが揃っているのが特徴です。60代からさらにお肌に磨きをかけたいという方に。
7日間お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式HPへ資生堂 プリオール スキンケア お試しセット

編集部ゆずの感想

資生堂 プリオール口コミ

石けんはダブル洗顔の負担を避けられるだけでなく時短になったり、「手軽さ」を一番に重視しつつも、仕上がりや紫外線・美容ケアも抜かりないおしろい乳液など、どのアイテムも60代以降の肌質や肌悩みだけでなく、ライフスタイルも非常に考えられたブランドだなと感じました。

 

必要な保湿や美容成分はしっかり与えられるので物足りなさは一切ナシ!手軽さとしっかりケアがここまで両立しているのは、プリオールならではだと思います。

 

低刺激さや便利さを何より重視したい60代におすすめな化粧品です。

 

メリット:スキンケアしながらちょっとしたお出かけにも対応などとにかく便利
デメリット:スキンケアはスキンケアでしっかりしたい!という人には不向き

肌の再生力を高めるEGF等配合のドクターズコスメ「ミューノアージュ」

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ミューノアージュ(MUNOAGE

今、話題のEGFが入っているということで興味がありトライアルセットを使ってみました。化粧水は結構濃厚な感じで確かに保湿力は高い感じですが私には多少ベタつきが気になりました。クリームはかなりお気に入りです!口元のたるみがピンとしてきて気になっていたシワも薄くなってる感じがします。

EGFなど7種類のペプチドを贅沢に配合したエイジング化粧品。皮膚科医師が開発しただけあって肌への刺激を最低限に抑えつつ、60代の肌に最も必要なものだけを配合することで効率よく肌の再生力を高める特徴があります。特にほうれい線、目元口元のたるみが気になる方に使ってみたい基礎化粧品です。
10日間お試しセット 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
公式HPへミューノアージュ トライアル

編集部アボガドの感想

ミューノアージュ(MUNOAGE)口コミ

化粧水とクリームだけのシンプルケアですが、ケアしたあとはしっかり保湿されていて、目元にハリもでてきました。

 

そして何より皮膚科医開発のドクターズコスメだけあって、べたつかず無香で肌に優しい使い心地。

 

なかなか思うようにエイジングケアができなかった60代の敏感肌にもぴったりな化粧品だと思います。

 

メリット:年齢と共に肌が敏感になってきた人のエイジングケアに最適
デメリット:化粧水がかなりとろみがあり、さっぱり使いたいと言う人には不向き

エイジングと美白のWケアを可能にした「アスタリフト ホワイト」

アスタリフト ホワイト

アスタリフト ホワイト

年齢と共にシミが増え美白化粧品を探していました。どうせなら60代に人気のある美白化粧品ということでこちらを購入…
すぐにシミが薄くなるというワケではないですが新しいシミは抑えられている感じがします。肌色もくすみが抜けきて1トーン明るくなってきた感じはあります。

富士フィルムのナノ技術を応用することで肌の奥まで有効成分を浸透させてくれるアスタリフト。美白成分がしっかりとシミ内部に浸透することで効果を発揮し、ジェリーアクアリスタから美白クリームまで使用することでしっとりと潤しながらの美白効果が期待できる特徴があります。美白もエイジングも必要な60代に試してみたい化粧品です。
5日間お試しセット1000円・税別(先行美容液10包・美白化粧水18ml・美白美容液5ml・美白クリーム5g・UV美容液5g)
公式HPへアスタリフトホワイト

編集部アボガドの感想

アスタリフト ホワイト口コミ

とにかくジェリー導入液.!このアイテムをつけるつけないではその後の入りが全然違います。

 

ゼリー状なのにすーっと馴染んでいく感じがすごい不思議。

 

どのアイテムも美白化粧品にしては保湿力が高めのせいか付け終わるとペタペタします

 

5日間ではさすがにシミは薄くなりませんでしたが、くすみは取れてきている感じがします。

 

若い方のシミ消しというよりも、乾燥とエイジング、美白を同時にしていきたいという60代にぴったりな美白化粧品だと思いました。

 

メリット:乾燥肌の人の美白にオススメ!
デメリット:脂性肌の人には不向き

 

60代におすすめ化粧品メーカー・ブランド

60代におすすめのPOLAの化粧品

60代POLA B.A

お財布に余裕があれば是非使って欲しいのがエイジングケアのTopブランドPOLAのB.Aです。全てのアイテムにPOLA独自の美容成分が配合されていて、一つ一つの化粧品が高いエイジングケア効果を備えています。しかもラインで使うことでさらに高い相乗効果が望めるのもポイント!編集部もトライアルセットでその効果を試してみました…
60代におすすめのPOLAの化粧品」>>


60代におすすめのエファージュの化粧品

60代F.A.G.E(エファージュ)

エイジングケア化粧品の配合成分として、その高い美容効果が注目を集めている酵母エキス。中でも親会社サントリーの長年の酵母研究から生まれた「ラビス」はその生命力の強さから奇跡の酵母と言われるほど。このラビスの酵母エキスを配合したエファージュは目元口元のハリ不足やくすみに悩む60代に人気の高い化粧品です…
60代におすすめのエファージュの化粧品>>


60代におすすめの資生堂の化粧品

資生堂 プリオール

化粧品ランキング1位。最も多くの人が利用している資生堂。年齢や肌質、目的に応じて資生堂には数多くの化粧品ブランドが展開されていますが中でも60代におすすめなのが「プリオール」です。資生堂が60代、70代の女性の悩みに合わせたアイテムを揃えていて、中にはスキンケアに留まらず使って便利な化粧品も…
60代におすすめの資生堂の化粧品>>


60代におすすめのミューノアージュの化粧品

MUNOAGE(ミューノアージュ) 

肌に負担をかけたくないがしっかりエイジングケアしたいという60代の方におすすめの化粧品がミューノアージュ。元々火傷治療から生まれた低刺激が特長のドクターズコスメですが、皮膚の再生能力を高めてくれるEGFなど7つのペプチドを配合することで高いエイジング効果を実現しています…
60代におすすめのミューノアージュの化粧品>>


60代におすすめのKOSE(コーセー)の化粧品

KOSE 米肌

「どんなに保湿してもすぐに乾いてしまうようになってきた」と、いう事はありませんか?60代になるとどうしても肌の角層が乱れることで保水力が落ちてしまいます。そうなるとどんなに保湿をしても乾燥することに。60代の乾燥肌では保湿よりも保水力を高めることが大切。その鍵を握るのが保水成分セラミドです…
60代におすすめのKOSE(コーセー)の化粧品>>


60代におすすめのアスタリフトの化粧品

アスタリフト ホワイト

「しっかりエイジングケアしながら美白もしっかりしたい」という60代に人気の化粧品がアスタリフトの美白ライン「アスタリフト ホワイト」です。アスタリフトは親会社富士フィルムのナノ技術を活かすことで角層までしっかり美容成分を届けてくれるのが魅力。特に肌がゴワついて化粧品が浸透しにくくなってきたという方に…
60代におすすめのアスタリフトの化粧品>>

 

 

 

60代から考えたい化粧品選びのポイントは?

60代で肌トラブルをまったく抱えていない方はいないでしょう。それだけに化粧品でスキンケアを行っていく場合には現在抱えているトラブルの改善にどれだけ役立つのかを意識しつつ、あまり過剰なケアに陥らないことがポイントとなってきます。

優先して改善したいポイントを絞り込む

60代化粧品おすすめ

実際のところどうがんばっても、高価な化粧品を使ってもシワもシミもひとつない若々しい肌を取り戻すことは無理な年代です。

 

あまり多くを期待しすぎて過剰なケアに陥ってしまうと肌に負担がかかってしまいかえってトラブルの原因を作ってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

あれもこれもと欲張るのではなく、まずどの点を優先して改善していきたいのかをはっきりさせておきましょう。

 

シワを何とかしたいならハリを改善するための化粧品、シミを何とかしたいな美白化粧品と、メインの目的に合わせた化粧品を選んでいくのがもっとも現実的な選択です。

 

その一方で肌の健康と若々しさを保つために必要な基本的なケアができることもポイントです。いくらシミ対策に美白化粧品を使うといっても保湿対策をないがしろにしてよいというわけではありません。

 

60代の肌の角質層ではセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が若い頃に比べて2〜3分の1の量にまで減少してしまっているため、保湿対策でうまく保湿成分を補っておかないと化粧品でのケアの効果が十分に得られない可能性も出てくるのです。

 

たとえば乾燥でバリア機能が低下していると美白化粧品が思うように使えませんし、水分を抱え込む機能が低下していれば有効成分を角質層に長くとどめておくことができずにすぐに蒸発して失われてしまいます。

伸びが良くシンプルな内容の化粧品を使う

60代化粧品おすすめ

保湿対策ができることを大前提にトラブル対策ができる化粧品を選んでいきましょう。

 

あれもこれもと欲張るのはよくないと書きましたが、この点は補う有効成分の種類とも深くかかわってきます。化粧品は基本的にたくさんの種類の有効成分が配合されているほど肌への負担が大きくなります

 

ひとつひとつの有効成分は低刺激であってもたくさん配合されることで刺激が強くなってしまう面があるのです。

 

ですから自分にとってどんな有効成分が必要なのかを踏まえたうえでできるだけシンプルな内容の化粧品を選ぶようにしましょう。

 

摩擦による刺激も要注意です。化粧水や美容液といったアイテムをひとつひとつ塗付して使うとそのたびに指で肌を擦った刺激が蓄積していきます。刺激に敏感な方や乾燥が原因の小じわに悩まされている方はできるだけ伸びがよく塗布しやすい製品やオールインワン化粧品がおすすめです。

 

肌に負担をかけずに悩みにピンポイントに効果を発揮できる。そんな60代にピッタリな化粧品をネットなどで情報収集を行いつつ選んでいきましょう。

  • 60代は保湿対策ができることを大前提にトラブル対策ができる化粧品を選ぼう!
  • 60代はできるだけシンプルな内容の化粧品を選ぶことが大切
  • 60代はできるだけ伸びがよく塗布しやすい製品やオールインワン化粧品がおすすめ

上手にシミ・シワをカバー!60代のメイクアップ化粧品選び・使い方のコツ!

60代のメイクでのポイントはやはりシミやシワといった悩みをどうカバーすることができるか、に尽きるでしょう。

60代のメイクでは完全に隠すことよりも自然な印象を大事に

60代の化粧品

それだけにメイクアップ化粧品選びは慎重に行っていきたいところ。カバー力ばかりを重視してしまうと肌に合わないものを選んでしまう恐れもあるからです。

 

まず化粧品選びの際に知っておきたいのは「完全にカバーすることはできない」ことを前提にしておくことです。

 

とにかく隠したい、目立たなくしたいと意識しすぎて化粧品を選び、使ってしまうとどうしても厚塗りになってしまいます。

 

それこそかなり不自然で顔が真っ白になったような仕上がりになってしまいかねませんから、あくまで自然な印象を損ねない範囲でメイクをしていくことが大事です。

 

そうなるとファンデーションよりも化粧下地やコンシーラーでうまく目立たなくさせることが大事です。

 

もちろんファンデーションはベースメイクの基本ですからシミ・シワをカバーするうえでとても重要な部分ですが、いかにファンデーションを厚塗りせずにメイクをしていけるかを意識していきましょう。

化粧下地やコンシーラーなどを工夫して使い厚塗りにならないように注意

60代の化粧品

まず化粧下地。カバー力が高く、細かい粒子のパウダーが配合されたものがおすすめです。

 

細かな粒子が毛穴やシワの凹凸にうまくフィットとして目立たなくさせるうえに光を乱反射させて影をなくしてくれます。

 

そしてフィットすることでファンデーションの密着性を高め、厚塗りをしなくてもトラブルをカバーしやすくなるのです。

 

この点は現在発売されている化粧下地の重要なセールスポイントにもなっているので製品の紹介ページをチェックしてみるとよいでしょう。

 

それからコンシーラーで気になる部分をポイントメイクの形でカバーしていくこともできます。

 

タイプによって適したタイプが多少異なり、シミにはスティックタイプやペンシルタイプ、広範囲のくすみやクマにはリキッドタイプやパウダータイプが適しています。自分が抱えている悩みに合わせて判断しましょう。

 

そしてファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプの方が落とすときの負担がかからず60代にはおすすめです。

 

化粧下地でしっかり準備を整えた上でパウダータイプを厚塗りせずにうまく仕上げていけば理想的な60代のメイク環境を作り上げていくことができるでしょう。

 

使い方に関してはやはり適量を心がけつつ肌の摩擦を避けながら使っていくことが何よりも大事です。

 

あとは全体は薄付けにしつつ、気になる部分を浮き上がらせることなくポイントメイクで目立たなくさせることができるか、試行錯誤を重ねつつ最適な環境を探してみましょう。

  • 60代は自然な印象を損ねない範囲でメイクをしていくことが大事
  • 60代はファンデーションよりも化粧下地やコンシーラーで目立たなくさせることが大事
  • 60代のファンデーションはオフしやすいパウダータイプがおすすめ

 

姉妹サイト:70代の化粧品 | 50代の基礎化粧品

気になる化粧品のチェックはコスメルジュ編集部にお・ま・か・せ!

コスメルジュ

コスメルジュ編集部は、熱狂的なコスメマニア!…ではなく、ちょっとだけ美容と化粧品に興味を持つ、ごく普通の20代〜50代の4人が集まり活動しております。実際に使ってみた化粧品の感想・体験談や、インターネット上で行っている化粧品アンケートを通じて化粧品の選び方や使い方などのお役立ち情報を発信しております。化粧品についてのウンチクを熱く述べ合うというよりは「まずはいろんな人に聞いてみよう!」「とにかく自分の肌で確かめてやろう!」と言う突撃型のスタンスで行っております。

 

コスメルジュ編集部員紹介

コスメルジュ編集部(アボガド)

編集長(50代・乾燥肌でやや敏感肌):趣味は読書と美味しいものを食べること、音楽鑑賞(X JAPANを聴きながら仕事をすると1.5倍効率が上がります)。年齢とともに1年中乾燥に悩まされるようになったのでゴジラ肌にも合う保湿化粧品を物色中。

 

コスメルジュ編集部(いちご)

いちご(30代・普通肌):カラオケの十八番は劇団四季とゴールデンボンバー。長年、何を使っても肌荒れしない鈍感肌を自称するも、流石に肌に無理をさせてはいけないと反省。本格的にエイジングケアに取り組まないとと思いつつジプシー中(☆日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ)

 

コスメルジュ編集部(ゆず)

ゆず(30代・やや敏感肌):一男一女一猫の母をやっています。ナチュラルフレンチなインテリアと雑貨が大好き。『慌しい生活に追われても、キレイになりたいココロは持ち続けたい!』。同じキモチのママたちにたくさん見てもらいたいと思っています☆(☆日本化粧品検定協会化粧品検定2級取得)

 

コスメルジュ編集部(ごーや)

ごーや(20代後半・アトピーで超乾燥肌):趣味はカフェ巡りでコーヒー(特にラテ)が大好き。犬アレルギーですがフレンチブルドックを飼いたくてひたすら動画を見るのが日課。化粧品は合わないものが多いのでトライアルは誰よりも取り寄せているかも?!(☆日本化粧品検定協会化粧品検定1級取得)

更新履歴