肌質によって見た目年齢が変わる?老け顔の上手なカバー法は?

見た目年齢をできるだけ若く見せることは60代のスキンケアにおける最大のテーマといってもよいでしょう。

年齢とともに減少していくセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を補う

年齢を重ねれば重ねるほど見た目年齢に差が出てくるため、シワやシミなどさまざまなトラブルを抱えてしまっている方と、驚くほど若々しくハリのある肌を維持できている方では同じ60代でもとても同世代には見えないくらいの差が出てくるものです。

 

もともと老け顔、あるいは肌トラブルで老けた印象に見られがちな方はスキンケアでできるだけカバーしていく方法を考えていきましょう。

 

その際に重要なのが肌質です。肌質と見た目年齢との間には密接なかかわりがあり、年齢を重ねれば重ねるほど乾燥が見た目年齢を高く見せるようになっていきます。

 

乾燥が進んで表面がカサカサになったり細かなしわがたくさんできるようになればどうしても老けてみられてしまいますし、乾燥によるバリア機能の低下が実際に肌の老化を加速させて深いしわやたるみ、シミ、くすみといったトラブルをもたらしてしまうからです。

 

この肌質は生まれつきの部分もあるのですが、後天的な影響で進んでいくことも多いので日ごろの対策でカバーしていくことも十分に可能です。

 

もともと肌の老化は角質層内に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少して水分が保たれにくくなることからはじまります。つまり60代のほとんどの方は若い頃よりも肌が乾燥している状態にあるわけです。

有効成分が浸透しにくい状態の肌には、低分子化など浸透力をアップさせた化粧品などがおすすめ

だったら不足した分を補い、潤いを維持できる環境を整えていけば肌質を改善し、若々しい見た目年齢を目指していくことも十分に可能なはずです。

 

まずは不足している保湿成分をしっかりと補っていきましょう。セラミドなどは含有量がピークに達する20代に比べて60代には半分以下になってしまいますから、日々のスキンケアの中でしっかりと補っていくことが大事です。

 

また、老化によってキメが乱れ、毛穴の柔軟性が失われてしまっている状態だと有効成分が浸透しにくいため浸透性に優れているかどうかをチェックしたうえでスキンケア製品を選んでみましょう。

 

コラーゲンやヒアルロン酸なら低分子化が行われているかどうかが重要なポイントです。

 

それから適度に油分を補うのも見た目年齢を若く見せるポイントです。

 

どうしても油分は肌トラブルの原因になるとのイメージが年齢を重ねても残り続けるものですが、60代になると油分が不足している影響で乾燥が進み、バリア機能の低下で紫外線などのダメージを受けやすくなります。

 

乳液・クリームで油分をしっかり補うケアを心がけましょう。これらをしっかりできればふっくらとボリュームのある若々しい肌を取り戻すこともできるはずです。

60代で使ってみたい化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ60代で使ってみたい人気化粧品

サントリー F.A.G.E.(エファージュ) 編集部オススメ!

60代の目元口元のたるみを目立たなくする奇跡の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット1,300円・税別
(メイク落としクリーム18g・洗顔料18g・保湿化粧水15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム4.5g・日中用クリーム5g)
>>サントリーの公式HPで詳しく見てみる!
資生堂 プリオール 編集部オススメ!

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す60代のための資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!
パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代化粧品人気口コミ

今あるシミを薄くしてこれから出来るシミを防ぐ!売上No.1のオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!