ツブツブやイボ、気になる首のケアの効果的なケアとはどんな方法なのでしょうか?

首にイボが増え始めるのも60代の大きな特徴です。このイボは40代くらいから見られるようになりますが、60代を過ぎると急速に増えていくことが多いのです。気がついたらたくさんのイボができてブツブツ、ザラザラした状態になってしまっていた、なんてケースも見られます。

加齢によってできる首イボは紫外線の影響によるものが多い

60代のスキンケア

そんな首のイボにはさまざまな種類があり、それぞれ原因やケア方法が異なります。大きく分けるとウイルス性と非ウイルス性の2種類があるのですが、加齢によって増えていくのはおもに非ウイルス性です。

 

こうしたイボを「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」と呼んでおり、おもに老化が主な原因で発症します。シミと一緒にできることが多いのも特徴で、紫外線との関係も指摘されています。

 

このイボはシミができている部分の皮膚が次第に盛り上がってホクロのような状態になります。首の部分によくできるのは紫外線を浴びやすいのと、衣服やネックレスと接触することで刺激を受けやすいのが原因だと考えられています。

 

まだ詳しい原因やメカニズムが解明されていない部分も多いのですが、老化がもたらす肌の衰えかが拭く関わっていることは間違いないとされています。

 

このタイプのイボのケアではまずターンオーバーを活性化させることが第一です。ターンオーバーが乱れることで古い角質が排出されずにどんどん蓄積されていくことで盛り上がっていきます。

首イボのケアではターンオーバーを活性化させる成分をスキンケアで補うこと

60代のスキンケア

60代になるとターンオーバーがかなり乱れた環境になっていますからプラセンタエキスや紫根エキス、EGFといったターンオーバーを活性化させる成分を毎日のスキンケアでうまく補っていくようにしましょう。

 

ピーリング化粧品で古くなった角質を除去する方法もありますが、こちらは肌への負担も大きいので適切な頻度や方法を心がけて行っていくことが求められます。

 

あとはやはり紫外線対策をしっかり行うことです。顔は紫外線対策を心がけているのに首にまでは意識がまわらないという方も多いはず、日差しが強い日や夏場は首までしっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

また衣服やネックレスとの接触が原因にならないよう、日ごろのファッションにも注意したいところです。

 

放置していても特に健康に害をもたらすものではありませんが、一度できるとどんどん増えていくことが多いため、やはり気になったらできるだけ早い段階で対策を心がけたほうがよいでしょう。60代には避けられないトラブルともいえますが、対策ひとつでうまく予防・改善していくこともできるはずです。

60代で使ってみたい化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ60代で使ってみたい人気化粧品

資生堂 プリオール

60代ファンデーション人気DHC

手軽に美しく魅せる!60代から使いたい資生堂のスキンケアシリーズ
お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!

F.A.G.E.(エファージュ) (化粧品・トライアルセット)

60代ファンデーション人気DHC

今、話題の酵母エキス配合!目元口元のハリとくすみならまずこの化粧品!
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代ファンデーション人気DHC


たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定
定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!

たかの友梨 エステファクト オールインワンジェル10

60代ファンデーション人気DHC


エステサロンの感動が自宅でも!圧倒的な保湿力を体感できるオールインワンジェル
5,000円→3,580円・税込 ※初回限定特別価格キャンペーン中!
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!