60代の基礎化粧品を選ぶ際のポイントとはなんでしょうか?

エイジングケアへの需要が高まっていますが、その影響もあってシニア向けの基礎化粧品に関する注目を集まっています。40代、50代だけでなく60代でも使用できる製品が求められているのです。

60代の基礎化粧品は負担をかけずにケアしていけるか

60代の基礎化粧品

60代の基礎化粧品選びには2つのポイントがあります。

 

ひとつは老化の進行によって次々と表面にあらわれていくトラブルを改善していけるかどうか、もうひとつはやはり老化の進行によって刺激に対して敏感な状態になっている肌に負担をかけずに使用できるかどうか。エイジングケアとして使用する以上、一定の効果を期待するのは当然ですが、過剰な期待はかえって肌への負担をもたらしてしまうのがこの年代の難しいところです。

 

それだけにまず肌に負担をかけずに使用できることが大前提です。

 

化粧水の場合は洗顔直後で無防備な状態にある肌に使用するだけに低刺激であることが絶対条件となりますし、美容液の場合は美容成分が多く配合されていればいるほど刺激が強くなる面があるので効果とバランスの刺激が求められます。この2つのアイテムはスキンケアの基本といえるだけに選択を誤ってしまうとスキンケア全体に問題を抱えてしまうことになります。

 

まずは添加物ができるだけ含まれておらず余計な負担をかけない製品を選ぶこと。

 

40代以降のスキンケアの段階で合成界面活性剤や合成香料・合成着色料を避けている方は多いと思いますが、加えてパラベンなどの防腐剤もできるだけ避けるようにしましょう。化粧水の場合は水分を奪ってしまうエタノールも避けたほうが無難です。

 

美容液に関しては配合されている有効成分の種類が多ければ多いほど肌に負担がかかるという基本を踏まえたうえで選んでいくことも大事です。

 

肌への刺激というとどうしても有効成分そのものの刺激に意識が向いてしまいがちですが、たとえ低刺激の成分だけを配合した製品でもたくさんの種類が配合されているとどうしても刺激が強くなり、60代の肌には負担が大きくなってしまう可能性もあるのです。シンプルな内容で必要最小限の成分を補う、そのうえで最大限の効果が得られるかどうか。60代の基礎化粧品選びの最大のキーポイントともなるでしょう。

 

クリームの重要性がますます大きくなるのもこの年代における重要な部分です。乾燥とバリア機能の低下が進んでいるだけにクリームでしっかりフタをして化粧水と美容液で補った有効成分が蒸発しないように閉じ込めるのはもちろん、クリームでセラミドを補うことで保湿対策を補充していくことが求められるからです。

 

自分の肌の乾燥状態に合わせて適度な油分を備え、セラミドで保湿対策ができるクリームで化粧水と美容液の効果をサポートしていきましょう。

60代で使ってみたい化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ60代で使ってみたい人気化粧品

資生堂 プリオール

60代ファンデーション人気DHC

手軽に美しく魅せる!60代から使いたい資生堂のスキンケアシリーズ
お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!

F.A.G.E.(エファージュ) (化粧品・トライアルセット)

60代ファンデーション人気DHC

今、話題の酵母エキス配合!目元口元のハリとくすみならまずこの化粧品!
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代ファンデーション人気DHC


たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定
定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!

たかの友梨 エステファクト オールインワンジェル10

60代ファンデーション人気DHC


エステサロンの感動が自宅でも!圧倒的な保湿力を体感できるオールインワンジェル
5,000円→3,580円・税込 ※初回限定特別価格キャンペーン中!
>>公式HPでさらに詳しく見てみる!